バンコク・イメージ
<< 目的地に着かないタクシートゥクトゥク | main | バンコクで働く社長のBLOG >>

スポンサーサイト

  • 2009.07.29 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


携帯電話盗難

 海外で利用できる携帯(特にノキア製、モトローラ製)をバーのテーブル上に置いていると、いつの間にかなくなっているというものです。これは、タイ人が行うだけではなく、外国人などによっても行われています。タイ人が被害者・外国人が加害者という例もあります。

 日本製の携帯電話は、シェアがない(=充電機器などが入手しにくい)他の理由により、それほどターゲットにされませんが、1・2・CALLなどを利用し、タイで携帯電話を購入されている方は要注意です。実際、格安の携帯電話を購入したら、本体メモリ側に多数の電話番号が登録されたままだったという例もあります。

 これは、中古の携帯電話市場が活発に取引されていること。外装などのパーツが豊富で新品として販売されることも多いこと。外国人旅行者が、必ずしもお金持ちではないことなどが原因として考えられます。

 不幸にして携帯電話がなくなった場合は、あきらめるしかありません。ほぼ出てきません。対策としては、(1)テーブルなどの上に携帯電話を置かない・常に身に着ける。(2)プリペイド式の場合、たくさんチャージしておかない。(3)お酒は、ほどほどに飲む。くらいしかありません。

 なくなった場合、友人の携帯電話を使って、呼び出しを行い、携帯電話を探そうとすることは、一般的だと思いますが、これが問題を大きくする場合があります。呼び出し音により「犯人」が特定され、(バーなどの場合、中に潜伏していることも多い)言い争いから、殴られ、負傷するという事例も発生しています。

スポンサーサイト

  • 2009.07.29 Wednesday
  • -
  • 03:29
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
categories
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
マッハ ! プレミアム・エディション
マッハ ! プレミアム・エディション (JUGEMレビュー »)

 つくりもののハリウッドに飽きたらこの作品。タイの雰囲気もよく伝わってきます。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM copyright(c) by
SEO対策ホームページ制作・運用・管理・WEBコンサルティングの井手商会ホームページ部門
sponsored links